ローンの計算

ローンの計算

ローンの計算についてです。

かつては、ローンでの買い物といえば
大がかりなものでした。
自動車や土地建物など、
思い切った買い物でなければ
ローンは組まないことが普通でした。
ところが最近、キャッシングや
クレジットなどの利用もすっかり身近になり、
お金の使い方も様変わりしました。
高い買い物をする時に分割払いにしたり、
リボ払いでちょっと背伸びをした
買い物をする人も増えています。

支払いが月々などの分割払いになるローンですが、
利息を含めたローンの計算の仕方は、
実はよくわかっていない人がほとんどです。
元金と金利が明確なローンでも、
リボ払いや分割払いなどの返済方式や、
完済までにかかる期間設定によって
返済の条件はガラリと変わります。

ローン会社に返済に関する計算をしてもらった上で、
その内容に沿ってお金を払うという人が大半のようです。
細かな計算はローン会社側に任せるとしても、
大体どの程度になるかは
あらかじめ計算しておきたいところです。
最近では、ローン会社のホームページにも
返済シミュレーションができる機能が備わっており、
計算ができるようになっています。
借りたい金額や、返済期間を入力するだけで、
簡単に月々の支払い金額が計算できます。
ローンを組む前に上手に活用して
自分で確認してみるのもいいでしょう。
1人で悩んでいてもわからない時は、
ローン会社に相談するという方法もあります。
あらかじめプランを立て、無理のない利用を心がけてください。

住宅のローンの計算

 

住宅のローンの計算についてです。
ローンの中でも借り入れる金額と支払い期間が長いのが住宅ローンです。

 

利率と適用される計算方式はさまざまあり、
計算方式によって最終的に支払う金額が大きく変わってきます。
融資の条件が難しいですが、
住宅金融支援機構の住宅ローンは低金利での利用が期待できます。
金利による返済金額への影響は計算してみるとよくわかります。
住宅ローンの計算方式は大きく分けて、
固定金利型と変動金利型の2種類があります。
また、固定金利でも5年金利か10年金利かで条件は全く異なります。
具体的な違いは、実際に計算することで実感できるでしょう。
金利についてはどの金融機関からの融資を受けるかで違うので、
情報収集が重要です。

 

高額の融資を必要とする住宅ローンの場合、
わずかな条件の差が予想外に大きな影響をもたらすかもしれません。
住宅ローンの返済は長期にわたるため、
景気の良し悪しで金利が上下することもあります。
今の景気はどうなのかはもちろん、
今後の見通しは良くなるのか悪くなるのかで、利率も大きく変動します。
ローンの計算はなかなか複雑で、
正直面倒くさいと思っている人も多いことでしょう。

 

住宅ローンの場合は、
トータルで見たら、何百万円という単位で支払う金額の差が出てきます。
ローン計算を通して
将来的にどのような金銭プランを進めていくかをはっきりさせることが、
無理のないローン利用につながります。

住宅ローンを早く返すための計算

 

住宅ローンの計算は、高い金額になりがちです。
支払い期間をできるだけ長く設定することで、
月々の支払いの負担を少なくすることができます。
ただし返済に時間がかかると、付与される利息が高くなります。

 

住宅ローンはできるだけ早く返済することで、
最終的に金融機関に支払う金額は少なくなります。
住宅ローンの返済は、それができるなら前倒しで返す方が、
最終的な返済総額を減らすことが可能です。
よく計算してから繰り上げ返済をしたほうが、
よりお得にローンを返すことができます。

 

住宅ローンの特別減税との関係もその一つです。
繰上げ返済によって、
残りのローン年数が減ってきますがとても重要なポイントです。
もしもあと10年以内に完済できるくらいしかローン残高が残っていなければ、
住宅ローン減税は使えません。
まとめ返済をする時は、住宅ローン減税のことも考えて計算しましょう。
繰上げ返済でどんどんローンを減らしていきたいのであれば、
変動金利型のほうが一般的です。
その時々で最も金利が低いものを選択するといいでしょう。
時には同じところから借り続けるのではなく、
住宅ローンの借り換えをした方がいいこともあります。

 

ローン借り換えをする場合には手数料がかかるので、
すべて含めて計算することを忘れないように気をつけてください。